なにわ個別教育センターについて

なにわ個別教育センターの特徴

単なる「指導」ではなく「教育」!

単なる「指導」ではなく「教育」!わからない問題を教える、これだけでは生徒の自己実現は完成しません。そもそも問題の解き方だけなら、インターネットを使えばすぐに調べられる時代です。なにわ個別教育センターでは、【1.学習習慣をつけ】【2.目標を持たせ】【3.目標を実現させる】と3段階のステップを踏むことで、生徒の自主性を育て、自ら考える力を養成します。

充実の管理体制!

一般的な個別指導塾では、1人の責任者とアルバイトの学生講師という体制がほとんどです。そのため、生徒1人1人に目が行き届かないケースや、授業の質にばらつきが見られるケースなどが多く発生しています。なにわ個別教育センターでは、責任者として教育業界で勤め続けてきた多数のスタッフにより、お子様の教育を徹底的にサポートさせていただきます。

1人1人に最適な学習プランをオーダーメイド!

1人1人に最適な学習プランをオーダーメイド!1,000人以上の指導経験を持つスタッフが、徹底的に面談することで、保護者様のご意向や生徒の意思に沿った最適な学習プランをご提案いたします。何度でも面談させていただき、進路や教育方針など、保護者様やお子様のご相談に真摯に対応いたします。

最後には生徒自身に説明をさせる「アクティブラーニング」!

講師の解説を聞いて問題の解き方を理解するだけでは、自分の力で考える力はつきません。ましてや形式の異なる問題や、発展問題となるとお手上げです。初めて見る問題の本質を見抜き、学んだ内容を応用する力は、他人に説明することができて初めて身につきます。なにわ個別教育センターでは、アクティブラーニングの考え方を取り入れ、生徒自身に説明をさせることで理解度を確認しています。

講師のご紹介

代表 森井 義英(もりい よしひで)

教室長・代表 森井 義英(もりい よしひで)中学受験を経験し、私立東大寺学園中学校・高等学校を卒業。国立大学へ進学し、学習塾講師・教室長として6年間勤務。「1人1人の生徒に対し、もっと手厚く支援したい。」という想いを抱き退職。中小企業診断士の資格取得を通して経営について学んだ後、当塾を開校。

教室長・マネージャー 益田 寛大(ますだ ひろまさ)

教室長・マネージャー 益田 寛大(ますだ ひろまさ)広島県の公立高校を卒業後、立命館大学に進学。在学中に学生講師として、全国5万人の中から10人程度しか選ばれない「スター講師」に選出される。卒業後、教室長・エリアマネージャーと最短昇進を重ね、通算3,000人以上の生徒を教育。圧倒的指導力・教務力で子どもの夢を叶える。