授業の流れ

生徒が説明、「できる」を実感。だから頑張れる!

1.宿題の確認
前回の授業に対する理解度をチェック後、その日の課題を講師と確認します。

2.講師の解説2.講師の解説
その日の課題となった学習内容を講師が解説してから問題を解きます。

3.生徒の解説3.生徒の解説
問題をどのように考えたのか、生徒の言葉で説明させます。相手に話すことで、テストのときなどに、自分で自分に解説をするクセをつけます。

4.まとめをする4.まとめをする
その日に学習した内容のまとめ問題を解くことで「できる」を実現します。

5.宿題の提示5.宿題の提示
まとめをして終了ではありません。宿題をすることで、その場だけではなく「できる」ということを再実感します。